Googleアナリティクスでイベントトラッキングを設定する方法【初心者必見】


sep_355215221321_tp_v

Googleアナリティクスの基本操作ができるようになった人は、さらに高度な設定を使いこなして有効なアクセス解析を行っていきたいものです。そんなときに必要となるのが、「イベントトラッキング」。今回は、イベントトラッキングの意味・内容から、設定の仕方までをわかりやすく説明します。

1.イベントトラッキングとは?

そもそも、イベントとは何なのでしょうか。

イベントとは、ユーザーが行動を起こしても、URLの遷移が起きないもののことを言います。たとえば、以下のようなものがあります。

・外部サイトへのリンクのクリック

・電話ボタンのタップ

・PDFのダウンロード

・動画の再生

これらはURLの遷移を計測しているGoogleアナリティクスでは通常計測することができません。しかし、ダウンロードやリンクのクリックは、アクセス解析において知りたいデータですよね。そんなときは、イベントを設定し計測することで、それらのデータを集めることができます。これをイベントトラッキングといいます。

2.イベントトラッキングの設定方法

今回は外部サイトへのリンクをイベントトラッキングする場合を例にとって説明します。イベントトラッキングは、各サイトのタグを書き換えることによって設定することができます。

【通常】<a href=”URL”>サイトへのリンク</a>

通常のタグは以下のようになっています。これを以下のように書き換えます。

【トラッキング後】<a href=”URL” onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘カテゴリ’, ‘アクション’, ‘ラベル’);”>サイトへのリンク</a>

’send’と‘event’は必須なので書き換えないでください。

‘カテゴリ’、 ‘アクション’、 ‘ラベル’ はすべて任意項目です。自分が分かりやすい名前を入れていきましょう。簡単に言うと、カテゴリ>アクション>ラベルの順に細かく項目立てていくのがよいでしょう。

例えば、「スマホサイトの外部リンクをクリックし、Aページへ行く」ことをイベントと設定するとすると、

カテゴリ=smartphone

アクション=link

ラベル=Aページの名前

とするのがよいでしょう。自分の使いやすいように考えてみてください。

3.イベントをコンバージョンに設定する

イベントを作ったら、Googleアナリティクスのコンバージョンにイベントを設定することができます。設定方法を説明します。

・まず、Googleアナリティクスの管理画面から、ビューの列の「目標」をクリック。

50

・「新しい目標を作成」をクリックし、目標の名前を書き込んだら、「イベント」を選択します。

51

・カテゴリ、アクション、ラベルはそれぞれ先ほど書いたものと同じものを入力しましょう。

52

これでコンバージョン設定は完了です。

4.まとめ

イベントトラッキングを使うことで、通常はGoogleアナリティクスで計測できないデータも計測することができ、アクセス解析の精度が上がります。ぜひ挑戦してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする